今回のコラムでは、外壁塗装の悪徳業者を事前に見抜いて回避する4つの方法について解説していきます。
外壁塗装の業者選定を行う際は、一読して参考にしてください。

外壁塗装の悪徳業者を回避する方法

外壁塗装の悪徳業者を事前に見抜いて回避する方法は、大きく分けて4つあります。
それぞれの回避方法を把握して判断する際の材料にしましょう。

回避方法①業者を調べること

悪徳業者を回避する方法の1つ目は、業者の情報をしっかり調べることです。

調べ方としては、HPを確認して塗装事例や口コミなどを見て実績を確認するようにしましょう。
また、会社の規模や創業年数なども信頼性を図る上で基準にするのも良いでしょう。

HPを持っていない業者や設立間もない業者の場合は、実績や信頼性を確認することが難しいため注意が必要です。

回避方法②業者の事務所に行ってみる

2点目は、実際に外壁塗装業者の事務所に訪問して目で見て確認する方法です。

実際に事務所に行き対応などを見ることで、信頼できる業者かわかることもあります。
悪徳業者の場合、事務所をもっていない場合や塗料置き場を持っていないことも珍しくないです。

また、乗り込まれたりすることを嫌い会社を見せたくないと言う理由で住所を表に出していない業者などは注意が必要です。

回避方法③業者のチェックリストを用意する

3つ目の回避方法は、悪徳業者かを判断するためのチェックリストを用意することです。

チェックリストの例は以下になります。

悪徳業者を見分けるためのチェックリスト
  • 価格は高すぎたり安すぎたりしていないか
  • 訪問営業をしてきた業者ではないか
  • 大幅な値引きをしていないか
  • 作業内容が詳細に見積書に記載されているか
  • 自社で塗装作業をしているか
  • 工事後の保証はあるか

事前に用意したチェックリストに当てはめることで、判断基準がブレることなく信頼できる業者かどうかを見極めることができます。

基準を割ってしまう項目の多い外壁塗装業者は、悪徳業者である可能性が高いため注意が必要です。

回避方法④同一条件で複数の業者に相見積もりをとる

最後に4つ目の回避方法は、同一条件で複数業者に相見積もりを取ることが挙げられます。

相見積もりを取ることで適正な金額を知ることが大切です。
複数の業者の見積もりを見比べることで、安すぎる見積もりや項目がざっくりとしすぎている見積もりなど、悪徳業者にありがちな特徴を見分けやすくなります。

外壁塗装の悪徳業者を回避する方法は、業者の情報をよく調べて事務所に訪問して目で見て判断しよう

以上、外壁塗装の悪徳業者を事前に見抜いて回避する4つの方法について解説しました。

外壁塗装の悪徳業者を見抜いて回避する方法は、「業者の情報を調べる」「業者の事務所に行ってみる」「チェックリストで確認する」「相見積もりをとる」以上の4つの方法で事前に調査することで悪徳業者を回避する確率が高まります。

EMEAO!では、お客様のニーズに合わせて厳選した複数の業者を紹介するので相見積もりにお役立ていただくことができます。
外壁塗装業者をお探しの際は、ぜひEMEAO!にご相談ください。

業者をおさがしでしょうか?

衝動的に業者に連絡をしてしまうと悪徳業者につかまったり、相場よりも高い価格で発注してしまったりととリスクもたくさん。
EMEAO!がおすすめする後悔しない業者選びのコツは「同一の条件で複数の業者を比較すること」

EMEAO!では第三者機関の審査済み・評判のよい多数の優良業者の中から、条件・要望にあわせて専任コンシェルジュが厳選して、まとめて一度でご紹介をすることができます。
ご紹介した業者が満足いかなかった場合、比べてからお断りしても全く問題ありませんので安心してコンシェルジュにご依頼ください。

  • 最短当日に提案が集まる
  • 高精度マッチングで満足度87%
  • ご利用は何度でも完全無料