外壁塗装の色選びで失敗しないために押さえておきたい3つのポイント

今回のコラムでは、外壁塗装の色選びで失敗しないために押さえておきたい3つのポイントについて解説していきます。
外壁塗装の色選びに悩んでいる方は、ご一読いただき参考にしてください。

色選びで失敗しないためのポイント

外壁塗装は、容易に色を変えることはできないため、色選びは非常に重要です。
ここでは、色選びの際に失敗しないためのポイントを見ていきましょう。

ポイント①イメージとのギャップに注意する

外壁塗装の色を選ぶ際に、カタログの色と塗装した後の色にギャップが出ないように注意することが大切です。

色は光の当たり方で異なる見え方をするため、晴れている日と曇っている日でも見た目に違いが出ます。
また、ツヤの有無でもイメージが大きくかわるため、ツヤの加減も色選びの際に考えておく必要があります。

色見本を見る際は、外に出て光を当てて見ることで仕上がりのイメージに近い色になるでしょう。
気になっている色で実際に塗装を行った写真があれば、イメージしやすいため有効です。

ポイント②色の特性を把握する

色の選択は、塗装後の見た目にも影響が大きく関わるため色ごとの特性を十分に把握するようにしましょう。

色によって、汚れが目立ちやすいもや汚れが目立ちにくい色、変色しやすい色など様々です。

色の特性
  • 汚れが目立ちやすい色・・・白、黒
  • 変色しやすい色・・・赤、紫
  • 汚れが目立ちにくい色・・・グレー、アイボリー、ベージュ

    白や黒は、汚れが目立ちやすい色のため、手入れやメンテナンスが頻繁に必要です。
    赤や紫のような濃い原色系の色は、紫外線によって色褪せや変色が起こりやすい特徴があります。

    グレーなどの淡い色や薄い色については、外壁の汚れの原因となる砂ぼこりやカビと、色の差がないため外壁の色にオススメです。

    ポイント③街並みや景観を考える

    街並みや近隣の住宅と比べて違和感が出ないように、景観と調和しているかを確認し色を選択するとよいでしょう。

    例えば、近隣に白い家が並ぶ中、一軒だけ赤や青などの目立つ色を選択することで違和感が出てしまいます。
    街並みとのバランスを考慮して適切な色を選ぶことも大切です。

    また、地域によっては、景観を損なわないための「景観ガイドライン」を定めている地域もあります。
    あらかじめ、自身の地域に景観ガイドラインが定められているかを確認するようにしましょう。

    外壁塗装の色選びの際は特性を知って色を選びましょう

    以上、外壁塗装の色選びで失敗しないために押さえておきたい3つのポイントについて解説しました。

    塗装後にイメージしていた色とのギャップが出ないように、事前にカタログの色とは異なることを理解し想定することが大切です。
    また、色選びの際は景観にあわせて、なるべく汚れの目立ちにくいグレーやベージュ系の色を選ぶことがオススメです。

    EMEAO!では、ご要望にピッタリの外壁塗装業者を厳選して無料でご紹介いたします。
    外壁塗装の色選びでお困りの際は、ぜひEMEAO!にご相談ください。

    業者をおさがしでしょうか?

    衝動的に業者に連絡をしてしまうと悪徳業者につかまったり、相場よりも高い価格で発注してしまったりととリスクもたくさん。
    EMEAO!がおすすめする後悔しない業者選びのコツは「同一の条件で複数の業者を比較すること」

    EMEAO!では第三者機関の審査済み・評判のよい多数の優良業者の中から、条件・要望にあわせて専任コンシェルジュが厳選して、まとめて一度でご紹介をすることができます。
    ご紹介した業者が満足いかなかった場合、比べてからお断りしても全く問題ありませんので安心してコンシェルジュにご依頼ください。

    • 最短当日に提案が集まる
    • 高精度マッチングで満足度87%
    • ご利用は何度でも完全無料