外壁塗装における様々な劣化のサインとそれぞれの対処法

今回のコラムでは、外壁塗装における様々な劣化のサインとそれぞれの対処法について解説していきます。
外壁塗装の劣化が気になる方は、是非ご一読いただき参考にしてください。

外壁塗装の劣化のサイン

新築の家も塗装を行ったばかりの家も、時間の経過とともに劣化が進んでいきます。
ここでは、劣化が進んでいく過程で表れるサインについてご紹介します。

劣化のサイン
  • 色あせ
  • ツヤがなくなる
  • 白い粉が手に付着する(チョーキング現象)
  • コケが生えている
  • ひび割れが起きている
  • 塗料が剥がれている

上記の様な症状がみられる際は、早い段階での対処が必要になります。

特にひび割れが起きている場合は、放置することで下地に水分が侵入し、建物の耐久性の低下や雨漏りを引き起こす原因となるため注意しましょう。

外壁塗装の劣化の対処策

外壁塗装には様々な劣化がありますが、それぞれの劣化状況においての対処策をご説明します。

対処策①白い粉が手に付着する

外壁に白い粉が手に付着する(チョーキング)が起きている場合は、塗装の防水効果がほとんどないことが言えるため、外壁塗装をやり直すことが一番の対処策となります。

再塗装を行う際は、古くなった塗料を落とすなどの徹底した下処理が必要です。

しっかりとした下処理を行わずに再塗装を行った場合は、チョーキングを再度引き起こしたり下地を傷つけてしまう恐れもあるため、外壁塗装専門の業者に依頼することをオススメします。

対処策②コケが生えている

外壁にコケが生えている場合は、塩素系漂白剤や高圧洗浄を使用して落とすことが有効です。

外壁が緑色に変化していることが確認できる際は、コケが発生していると言えます。
コケは、外壁の見た目を悪くするだけでなく、外壁の劣化を促す原因にもなるため早めに対処しましょう。

発生を抑制する塗料などもあるため、頻繁にコケが発生する場合は業者に相談すると良いでしょう。

対処策③ひび割れが起きている

ひび割れが起きている場合は、塗料の上塗りや内部にシーリング材を施したりする必要があります。

塗料のひび割れであれば塗り直しなどの施工で済みますが、外壁材がひび割れを起こしている場合は内部を補修する必要があります。

大きなひびや深いひびが確認できる際は、早急に業者に依頼するようにしましょう。

外壁塗装において劣化のサインが見られた際は、できるだけ早く業者に相談しよう

以上、外壁塗装における様々な劣化のサインとそれぞれの対処法について解説しました。

外壁塗装において劣化のサインが見られた際は、できるだけ早く専門の外壁塗装業者に相談することをオススメします。
しっかりとした処理を行わないことにより、悪化したり劣化を引き起こしたりすることことを覚えておきましょう。

EMEAO!では、劣化状況に合わせた施工ができる優良な外壁塗装業者をコンシェルジュが厳選して無料でご紹介いたします。
外壁塗装をご検討の際は、ぜひEMEAO!にご相談ください。

業者をおさがしでしょうか?

衝動的に業者に連絡をしてしまうと悪徳業者につかまったり、相場よりも高い価格で発注してしまったりととリスクもたくさん。
EMEAO!がおすすめする後悔しない業者選びのコツは「同一の条件で複数の業者を比較すること」

EMEAO!では第三者機関の審査済み・評判のよい多数の優良業者の中から、条件・要望にあわせて専任コンシェルジュが厳選して、まとめて一度でご紹介をすることができます。
ご紹介した業者が満足いかなかった場合、比べてからお断りしても全く問題ありませんので安心してコンシェルジュにご依頼ください。

  • 最短当日に提案が集まる
  • 高精度マッチングで満足度87%
  • ご利用は何度でも完全無料