外壁塗装が必要な家と不要な家の特徴と見分け方とは

今回の記事では、外壁塗装が必要な家と不要な家の特徴と見分け方について解説していきます。
自宅の外壁塗装が必要か不要かを見極めたい方は、是非ご一読いただき参考にしてください。

外壁塗装が必要な家とは

外壁塗装の必要性は、主に外壁の素材により変わります。
外壁塗装が必要な家の特徴と、不要な家の特徴を知って塗り替えが本当に必要かを考えましょう。

まずは、外壁塗装が必要な家の場合について、特徴や見分けるポイントを解説していきます。

外壁塗装が必要な家の特徴

塗装剤を活用した外壁の劣化が確認できる場合は、塗り替えが必要な家と言って良いでしょう。

サイディングや漆喰、モルタル外壁を使用している家では、張り替えてから10年ほど経過したタイミングで、一度チェックすることをオススメします。

塩害が生じる地域や台風の多い地域では塗装の劣化が早い可能性が高いため、8年ほど経過したタイミングで確認することが望ましいです。

なた、

外壁塗装が必要な家の見分け方

外壁塗装の必要性は、外壁の劣化具合を目視することが重要です。
以下の症状が出ている場合は、すぐに塗装の検討を行うことをオススメします。

劣化症状
  • 色あせ
  • カビやコケ
  • チョーキング
  • ひび割れ
  • 塗膜の剥がれや浮き

    特にひび割れや塗膜の剥がれに関しては、できるだけ早く外壁塗装を行うことをオススメします。

    放置すると下地の劣化が進行し範囲が広がり、補修の際に高額な費用が発生してしまう可能性もあるため注意が必要です。

    外壁塗装が不要な家とは

    次に、外壁塗装が必要な家の場合について、特徴や見分けるポイントを解説していきます。

    外壁塗装が不要な家の特徴

    外壁がタイルもしくはレンガを使用している家には、塗装をする必要がありません。

    外壁塗装が必要ない家の特徴は、塗装をしなくても高い耐久性を保つことができる外壁材を使っていることが挙げられます。

    タイルやレンガの外壁は、塗装を施してしまうことで10~15年程度で塗膜が劣化し、見栄えが悪くなってしまいます。
    よって、基本的にタイルやレンガには塗装をしない方が良いです。

    耐用年数も30年程あるため、外壁がタイルやレンガの場合は塗装が必要ない家と言えるでしょう。

    外壁塗装が不要な家の見分け方

    外壁がタイルやレンガかどうかを見分ける方法は、見た目や手ざわりで見分けることが可能です。

    見分け方
    • 見た目がでこぼこしている
    • 手ざわりがザラザラしている
    • ガラスや石のような音がする

    上記に該当する場合は、使用されている外壁がタイルやレンガの可能性が高いと言えます。
    不安な場合は、外壁塗装業者に一度みてもらうと良いでしょう。

    外壁がタイルとレンガ以外は、劣化が確認できたタイミングで塗り替えを検討しよう

    以上、外壁塗装が必要な家と不要な家の特徴と見分け方について解説しました。

    外壁の劣化が確認できた家は、遅かれ早かれ塗装が必要な家と言えます。
    ひび割れや塗膜の剥がれに関しては、放置すると劣化が早まるためできるだけ早く塗装を行うことをオススメします。

    外壁材がレンガやタイルの家は、塗装の必要がないため外壁塗装が不要な家と言えるでしょう。

    EMEAO!では、実績があり経験豊富な外壁塗装業者を厳選して無料で紹介いたします。
    外壁塗装業者をお探しの際は、ぜひEMEAO!にご相談ください。

    業者をおさがしでしょうか?

    衝動的に業者に連絡をしてしまうと悪徳業者につかまったり、相場よりも高い価格で発注してしまったりととリスクもたくさん。
    EMEAO!がおすすめする後悔しない業者選びのコツは「同一の条件で複数の業者を比較すること」

    EMEAO!では第三者機関の審査済み・評判のよい多数の優良業者の中から、条件・要望にあわせて専任コンシェルジュが厳選して、まとめて一度でご紹介をすることができます。
    ご紹介した業者が満足いかなかった場合、比べてからお断りしても全く問題ありませんので安心してコンシェルジュにご依頼ください。

    • 最短当日に提案が集まる
    • 高精度マッチングで満足度87%
    • ご利用は何度でも完全無料