外壁塗装の悪徳業者がよく使う5つの手口を知ってリスク回避しよう!

今回のコラムでは、外壁塗装の悪徳業者がよく使う5つの手口について解説していきます。
外壁塗装を検討している方は、最後までご覧いただき参考にしてください。

外壁塗装の悪徳業者が使う手口

外壁塗装の悪徳業者がよく使う手口として、5つの手口が挙げられます。
それぞれの手口に関して事前に確認して覚えておきましょう。

手口①訪問販売をしてくる

悪徳業者が使う手口の1つ目は、無料点検を装い訪問販売をしてくることが挙げられます。

「無料点検をさせてもらいたい」
「お宅の外壁が気になって」
という理由で業者が急に訪問してくるケースがあります。

「自己負担なしで外壁塗装が行える」
「無料点検ができる」
などの言葉をフックに悪徳業者は巧みに外壁塗装を進めてきます。

断ったのになかなか帰らない場合やその場で仮契約を結ぼうとする際は、悪徳業者の可能性がです。

その場の勢いで契約してしまうことで、後々トラブルになる可能性もあるため注意しましょう。

手口②大幅な値引き

悪徳業者が使う手口の2点目は、金額の大幅な値引きを行うことが挙げられます。

「お客様だけ50万円の値引きをします」
「本当は200万円ですが100万円にします」
といったセールストークは、悪徳業者が使う手口です。

値引き額が大幅な場合、塗料の品質をさげられたり満足のいく塗装工事を受けらないといったリスクも生じます。

また、そもそもの金額設定がおかしということも言えるため慎重になる必要があります。

手口③キャンペーンで即決を求める

悪徳業者が使う手口として挙げられる3点目は、商談の際にキャンペーンを使って即決を求めてくることです。

「期間限定」や「周年記念」などの打ち出しで、期間内の申し込みを進めてくることも悪徳業者の手口の1つです。

また、本日中のみキャンペーンを適用するなどの即決を求める提案をしてくる業者は怪しい業者と言えるでしょう。

即決なら安くなるという言葉に、惑わされることがないようにすることが大切です。

外壁塗装の依頼で予算がなくてもやってはいけない4つの注意点」でも即決を避けることは注意点の1つになっています。

手口④塗料が高額

悪徳業者が使う手口の4つ目は、塗料の金額設定が高額な場合です。

「オリジナル塗料」という名目で一般的な塗料を高額に設定している悪徳業者があります。

このような手口を使って不正に金額をだまし取るような手口もあるため、一般的な塗料の金額相場を把握し比較するとよいでしょう。

※詳しくは、「外壁塗装にかかる塗料ごとの料金相場と費用の内訳」を確認ください。

手口⑤費用の前払い

悪徳業者が使う手口の5点目は、費用を前払いを要求されることが挙げられます。

「塗装工事後に支払いを行う」ことが一般的な支払い方法になります。
「着手金を工事前に払い工事後に残りの金額を支払う」というケースも存在します。

全額前払いを求められる場合は、かなり高い確率で悪徳業者だと言える手口です。
このような事例は最近はあまりありませんが、念のため覚えておきましょう。

外壁塗装の悪徳業者が使う手口は、訪問販売・大幅な値引き・即決を求める

以上、外壁塗装の悪徳業者がよく使う知っておくべき5つの手口について解説しました。

外壁塗装の悪徳業者が使う手口は、「訪問販売」「大幅な値引き」「即決を求める」「高額な塗料」「費用の前払い」以上の5つの手口が挙げられます。
もし1つでも当てはまる業者に出くわした場合は、慎重に判断するようにしましょう。

EMEAO!に登録している業者は、第三者機関の審査を通過した優良な外壁塗装会社のみなので安心です。
外壁塗装業者をお探しの際は、ぜひEMEAO!にご相談ください。

業者をおさがしでしょうか?

衝動的に業者に連絡をしてしまうと悪徳業者につかまったり、相場よりも高い価格で発注してしまったりととリスクもたくさん。
EMEAO!がおすすめする後悔しない業者選びのコツは「同一の条件で複数の業者を比較すること」

EMEAO!では第三者機関の審査済み・評判のよい多数の優良業者の中から、条件・要望にあわせて専任コンシェルジュが厳選して、まとめて一度でご紹介をすることができます。
ご紹介した業者が満足いかなかった場合、比べてからお断りしても全く問題ありませんので安心してコンシェルジュにご依頼ください。

  • 最短当日に提案が集まる
  • 高精度マッチングで満足度87%
  • ご利用は何度でも完全無料