今回の記事では、外壁塗装を行った際によくある4つの失敗例について解説していきます。
外壁塗装を検討している方は、ご一読いただき参考にしてください。

外壁塗装を行った際によくある失敗例

外壁塗装を行った際によくある失敗例は、主に4つ挙げられます。
それぞれの失敗例について確認していきましょう。

失敗例①思っていた色との相違

外壁塗装においてよくある失敗例の1つは、イメージしていた色とのギャップが出てしまうことです。

イメージしていた色とのギャップが出てしまう原因は、主にカタログの色見本と実際に建物に塗装した色を比べた際に色が薄く見えてしまうことが理由です。

失敗しない方法は、実際の外壁に試し塗りをしてもらうことで確実に防ぐことができます。

または、理想とする色の実際の建物の画像などがあれば、事前に伝えることで色違いを防ぐことができるでしょう。

失敗例②追加費用の発生

外壁塗装のよくある失敗例の2点目は、追加費用が発生し想定よりも予算がオーバーしてしまう点です。

よくあるケースとしては、工事が始まってからでないと目視できない屋根などに劣化が見られた際に、補修工事費用として追加費用が発生してしまうことがあります。

想定外の追加費用を避けるために、見積もりの段階で想定される追加工事やその費用などの説明も事前に聞いておきましょう。

失敗例③近隣とのトラブル

外壁塗装のよくある失敗例に挙げられる3点目は、近隣住民とのトラブルです。

事前に近隣へのあいさつを行った場合であっても、仮設足場の組み立ての際の騒音や塗料の飛散・臭いが原因でトラブルになる可能性があります。

塗料の飛散に関しては、近隣住宅との距離が近い場合は特に注意が必要です。

風が強い日は、飛散防止ネットで養生しても飛散してしまうこともあるため、業者と相談をして延期することも検討しましょう。

失敗例④施工不良

外壁塗装のよくある失敗例の4つ目は、施工不良が起きてしまうことです。

施工不良が起きてしまう原因として挙げられる点は、業者の手抜きや技術不足により
仕上がりが悪くなってしまうことがあります。

例えば、塗装前に行う下地処理が不十分な場合や塗装回数を少なくされてしまうなどがよくある事例です。

できるだけ工事中は、現場でしっかり作業が行われているかを見ておくことも大切です。

外壁塗装でよくある失敗例を把握し対処法を知っておこう

以上、外壁塗装を行った際によくある4つの失敗例について解説しました。

外壁塗装よくある失敗例は、「イメージしていた色とのギャップ」「追加費用の発生」「近隣トラブル」「施工不良」以上の4つが主に挙げられます。
あらかじめ失敗例を把握して対処法を知っておくことで、失敗を防ぐことができるでしょう。

EMEAO!では、実績豊富な優良な外壁塗装業者を厳選して無料で紹介いたします。
外壁塗装に関して不安や困ったことがある場合は、ぜひEMEAO!にご相談ください。

業者をおさがしでしょうか?

衝動的に業者に連絡をしてしまうと悪徳業者につかまったり、相場よりも高い価格で発注してしまったりととリスクもたくさん。
EMEAO!がおすすめする後悔しない業者選びのコツは「同一の条件で複数の業者を比較すること」

EMEAO!では第三者機関の審査済み・評判のよい多数の優良業者の中から、条件・要望にあわせて専任コンシェルジュが厳選して、まとめて一度でご紹介をすることができます。
ご紹介した業者が満足いかなかった場合、比べてからお断りしても全く問題ありませんので安心してコンシェルジュにご依頼ください。

  • 最短当日に提案が集まる
  • 高精度マッチングで満足度87%
  • ご利用は何度でも完全無料