今回の記事では、外壁塗装を行う際の最適なタイミングとはいったいいつかについて解説していきます。
外壁塗装を検討されている方は、ぜひご一読ください。

外壁塗装の実施タイミング

外壁塗装のタイミングは、一般的に10年サイクルと言われています。

しかし、環境や塗料の種類によっても劣化状況が変わるため、外壁塗装を実施するタイミングは外壁の劣化症状が現れたタイミングと考えるとよいです。

具体的にどのような劣化症状が確認できた際に外壁塗装を実施すべきか確認していきましょう。

タイミング①チョーキング現象の発覚

外壁塗装を検討するタイミングの1つ目は、チョーキング現象が確認できた場合になります。
チョーキング現象とは、外壁に触れた際に外壁と同じ色の粉が手につく現象のことです。

直射日光や風・雨などにより塗装が劣化することで、塗装の成分がチョークの粉のように外壁表面に付着します。

薄っすらと付着する場合は、2~3年以内の塗り替えが目安となります。

はっきりと付着する場合は、塗料の耐久力がひどく減少している状態になるため、できるだけ早めに塗装を塗り替えるようにしましょう。

チョーキングは、劣化症状を確認する上でチェックしやすい症状のため覚えておきましょう。

タイミング②ひび割れの発覚

次に2点目は、外壁のひび割れが確認できたタイミングです。

放っておくと構造材が腐食し建物の強度低下にも繋がるため、できるだけ早めに補修するようにしましょう。

ひび割れがひどい場合は、隙間から雨が入り込みそのままの状態が続くと構造材のカビ・サビなどの原因になります。

また、ひび割れの深さによっても深刻さが変わってくるため、ひび割れを見つけた際は業者に点検を依頼することをオススメします。

タイミング③雨漏りがあった場合

続いて3点目は、雨漏りをした場合です。

室内で雨漏りが確認できた際は、外壁に何らかの支障が発生しているということが言えます。
すでに劣化が深刻な場合もあるため、早急に業者に連絡をし補修工事を行いましょう。

タイミング④汚れが目立つと感じた場合

4点目に関しては、汚れが目立つと感じたタイミングになります。

建物の年数がたつことで外壁の汚れも目立つようになるため、塗り替えの1つのタイミングと言えます。
また、汚れが付着しやすくなる原因として塗装の耐久性や防水性が低下していることも考えられます。

色褪せや藻・コケなどの汚れが目立つ際は、早いうちに一度点検をするのが良いでしょう。

外壁塗装の最適なタイミングは、外壁の劣化症状が現れたタイミングですぐに行うと良い

以上、外壁塗装を行う際の最適なタイミングとはいったいいつかについて解説しました。

劣化した部分を放っておくことで、事態が深刻になり補修が手遅れになる場合もあります。
外壁の劣化状況が確認できた場合は、なるべく早めに業者に点検を依頼することで最適なタイミングで外壁塗装を行うことができるでしょう。

EMEAO!では、お客様のニーズにお応えできる優良な外壁塗装業者を厳選して無料で紹介いたします。
外壁塗装に関することでお困りの方は、ぜひEMEAO!にご相談ください。

業者をおさがしでしょうか?

衝動的に業者に連絡をしてしまうと悪徳業者につかまったり、相場よりも高い価格で発注してしまったりととリスクもたくさん。
EMEAO!がおすすめする後悔しない業者選びのコツは「同一の条件で複数の業者を比較すること」

EMEAO!では第三者機関の審査済み・評判のよい多数の優良業者の中から、条件・要望にあわせて専任コンシェルジュが厳選して、まとめて一度でご紹介をすることができます。
ご紹介した業者が満足いかなかった場合、比べてからお断りしても全く問題ありませんので安心してコンシェルジュにご依頼ください。

  • 最短当日に提案が集まる
  • 高精度マッチングで満足度87%
  • ご利用は何度でも完全無料