外壁塗装にかかる塗料ごとの料金相場と費用の内訳

満足のいく施工をしてくれる外壁塗装業者を選ぶには、まずは料金の相場を把握して業者を比較することが大切です。

そこでこちらの記事では、外壁塗装にかかる料金の相場と費用の内訳を紹介します。
ご自宅の外壁塗装の塗り替えをご検討されている方は、ぜひご一読ください。

外壁塗装の料金相場

外壁塗装の料金相場は、坪数によって変わります。

おおよそ1坪あたり2万~4万円ほどかかりますし、そのほか外壁材のスタイルによっても費用が変わるのです。
高級な外壁材に多い凹凸を用いたスタイルであると外壁面積が増えるため、その分だけ負担が増えます。

30坪前後の住宅の場合、外壁のみで60万~80万円前後の費用相場です。
外壁の塗装と合わせて屋根塗装をする場合も多く、この場合は80万~140万円前後の費用相場となっています。

また、外壁塗装に使う塗料の種類によっても料金相場が変わってきます。
それぞれの一坪あたりの料金相場は、アクリル系塗料は4,000~8,000円、ウレタン系塗料は7,000~8,000円、シリコン系塗料は10,000~14,000円、フッ素系塗料は14,000~18,000円が目安です。以下に塗料ごとの料金をまとめました。

塗料の種類 料金(一坪当たり)
アクリル系塗料  4,000
ウレタン系塗料  7,000
シリコン系塗料  10,000
フッ素系塗料  14,000

塗料の種類によって耐用年数が異なり、最も安価なアクリルの場合、耐久年数が4~7年と短いため、短期間で再塗装しなければならないのがデメリットです。
逆にフッ素系塗料は、単価は高いですが、耐用年数は15~20年と長くなります。
そのため、使用する塗料は費用対効果や耐用年数などを見極めながら選ぶのがよいでしょう。

外壁塗装にかかる料金の内訳

外装塗装にかかる料金の内訳は主に4つの項目に分けられます。
費用の比率は、材料費が20%、人件費が30%、足場代が20%、そのほか費用が30%程度が相場です。
それぞれの内訳の詳細について詳しく見ていきましょう。

外壁塗装の費用①材料費

まず1つ目の材料費について、外壁で使用する塗料の他、養生やコーキングの打替などが含まれています。塗料によって費用が異なり、基本的に長持ちする塗料ほど値段が高くなる傾向です。

外壁塗装の費用②人件費

2つ目の人件費は、外壁塗装を行う職人や作業員に対しての費用で、塗装にかかわる人数と日数により算出されます。レベルの高い職人が作業を行う場合は、通常よりも費用が高くなる場合もあるので確認しておきましょう。

外壁塗装の費用③足場代

3つ目の足場代は、外壁塗装を行う際に必要となる足場を組み立てる費用に加えて、足場の材料を運ぶ運搬費や組み立てる施工費を合わせた費用です。

外壁塗装の費用④その他の費用

最後の4つ目、そのほかの費用は、現場に向かう移動費、駐車場代、保険代や事務手数料などが雑多な経費が含まれます。そのほか費用は全体の3割近くを占めているので、内訳を確認する時はどのような費用が含まれているか注意しましょう。

外壁塗装工事の費用見積もりを業者へ依頼する際は、内訳を把握しておくことが大切です。
また、細かい内訳がわかる見積もりを出してくれる業者を選ぶと、安心だと言えます。

外壁塗装の料金相場は一坪あたり4,000円~

以上、外壁塗装の料金相場と費用の内訳について解説いたしました。
外壁塗装をご依頼される際の目安となりましたでしょうか。

外壁塗装の料金相場は主に坪数と塗料の種類、外壁の素材の種類によって変動します。
発注先の業者を探す際は、塗料の種類や施工内容などを同じ条件で複数の業者に見積もりをとって比較しましょう。

ホームEMEAO!にご相談いただければ、ご希望の条件にピッタリな外壁塗装業者をご紹介可能です。
ご利用は完全無料ですので、外壁塗装をお考えの際はぜひホームEMEAO!にご相談ください。

清掃・美観維持をご検討ですか?

衝動的に業者に連絡をしてしまうと悪徳業者につかまったり、相場よりも高い価格で発注してしまったりととリスクもたくさん。
EMEAO!がおすすめする後悔しない業者選びのコツは「同一の条件で複数の業者を比較すること」

EMEAO!では第三者機関の審査済み・評判のよい多数の優良業者の中から、条件・要望にあわせて専任コンシェルジュが厳選して、まとめて一度でご紹介をすることができます。
ご紹介した業者が満足いかなかった場合、比べてからお断りしても全く問題ありませんので安心してコンシェルジュにご依頼ください。

  • 最短当日に提案が集まる
  • 高精度マッチングで満足度87%
  • ご利用は何度でも完全無料