外壁塗装のラジカル塗料の特徴・平米単価とオススメの方

本記事では、外壁塗装のラジカル塗料の特徴・平米単価とオススメの方について解説していきます。
ラジカル塗料での外壁塗装をご検討の際は、ご覧いただき参考にしてください。

ラジカル塗料の特徴について

「ラジカル」とは、紫外線や水などが塗料に触れることで発生する劣化因子をいいます。
ラジカル塗料は、ラジカルの発生を抑えることができるため、長期的に塗膜の劣化を防ぐことができると言われています。

ラジカルは、塗料の成分となる樹脂の名前ではないため、ラジカル塗料のベースとなる塗料はアクリル樹脂やシリコン樹脂などです。

そのため、アクリル樹脂やシリコン樹脂などの塗料に「高耐候酸化チタン」や「光安定剤」といった特殊な成分を配合することによりラジカル塗料になります。

ラジカル塗料のメリットは、安価で高性能なためコストパフォーマンスが非常に良い点が挙げられます。

価格はシリコン塗料とほぼ同じ価格でありながら性能はフッ素塗料に近いものがあり、優れた塗料と言えるでしょう。

一方で、まだ発売してから数年しか経過していないため、耐用年数は15年程と言われているものの短い可能性もあり未知数な部分も存在します。

また、ラジカル塗料にする際に配合する高耐候酸化チタンが白色の塗料のため、黒色や濃い色の塗装を選べない場合があるでしょう。

ラジカル塗料の平米単価とは

ラジカル塗料は、シリコン塗料とフッ素塗料の中間に位置するグレードの塗料です。

平米あたりの単価は、2,000円~3,700円(3回塗りの場合)になります。
一般的な戸建て住宅の平均112㎡で換算した場合は、22.4万円~41.4万円です。

ラジカル塗料がオススメの方

ラジカル塗料は、コストパフォーマンスが高い塗料を探している方にオススメの塗料になります。

シリコン塗料とフッ素塗料の中間に位置する塗料であり、価格・性能のバランスにすぐれているため、あらゆる住宅に対応できる塗料です。

また、淡彩系から中彩色の塗装に適しているため、淡い色を希望している方には向いている塗料だと言えるでしょう。

ラジカル塗料は、コスパ重視で淡彩色系で塗装を検討している方にオススメ

以上、外壁塗装のラジカル塗料の特徴・平米単価とオススメの方について解説しました。

ラジカル塗料は、価格・性能のバランスにすぐれているコストパフォーマンスの高い塗料です。
また、淡彩色系の塗装には非常に適しているためオススメです。

新種の塗料のため未知数な部分もありますが、自身をもってラジカル塗料をオススメする業者にお願いすると良いでしょう。

EMEAO!では、お客様の状況に応じて最適な外壁塗装業者を無料で紹介いたします。
外壁塗装をご検討の際は、ぜひEMEAO!にご相談ください。

業者をおさがしでしょうか?

衝動的に業者に連絡をしてしまうと悪徳業者につかまったり、相場よりも高い価格で発注してしまったりととリスクもたくさん。
EMEAO!がおすすめする後悔しない業者選びのコツは「同一の条件で複数の業者を比較すること」

EMEAO!では第三者機関の審査済み・評判のよい多数の優良業者の中から、条件・要望にあわせて専任コンシェルジュが厳選して、まとめて一度でご紹介をすることができます。
ご紹介した業者が満足いかなかった場合、比べてからお断りしても全く問題ありませんので安心してコンシェルジュにご依頼ください。

  • 最短当日に提案が集まる
  • 高精度マッチングで満足度87%
  • ご利用は何度でも完全無料