外壁塗装の工事を外注した際にかかる期間の目安はどれくらい?

今回は、外壁塗装工事を外注した際にかかる期間について紹介します。
この日に工事を完了しておくにはいつ開始してもらえばいいだろう、とお悩みの方はぜひご一読ください。

外壁塗装にかかる通常の工事期間

外壁塗装工事に必要とされる平均的な期間は2週間程度です。

2週間でどのように工事が行われるかというと、一般的には以下のスケジュールのようにすすめられます。

外壁塗装工事のスケジュール
  • 0日目:挨拶回り
  • 1~3日目:足場を設置、飛散防止ネット設置
  • 4~6日目:建物の高圧洗浄
  • 7日目:養生と下地調整
  • 8~13目:外壁や屋根の塗装
  • 14日目:足場の解体

工事が始まると足場や塗料の臭いなどで周辺住民に影響があるので、あらかじめ挨拶回りをしておくようにしましょう。
挨拶回りは自分で行くのが基本ですが、塗装業者が代わってくれるケースも多く見られます。

足場の設置を塗装業者自身が行なう場合は、基本的に1日で作業が終わります。
しかし、外部の専門業者に依頼する場合にはさらに1日から2日ほど増えるケースも。

2~4日目に行なわれる高圧洗浄では、埃やカビ、苔などを水で洗い落とし、汚れが酷い場合には薬剤を使います。
高圧洗浄自体は1日で終わりますが、そのあと1~2日かけて乾燥させるため、基本的に3日かかると思っておきましょう。
乾燥しやすい季節であれば洗浄後24時間ほどで乾くこともあり、早く作業が完了します。

外壁塗装の期間が短縮できる場合

外壁塗装工事の平均的な期間は2週間ですが、天候がよければ7~10日ほどで完了します。
期間をできるだけ短縮したいのであれば、雨が降りにくく乾燥している春や秋に外壁塗装を依頼しましょう。

ただし、天候に恵まれた季節でも基本的に7日間は必要になるので、それよりも短い工事期間を提示する塗装業者には注意してください。
あまりに工事期間が短過ぎる場合には、重要な工程を省いたり手抜きをしたりしている可能性があります。

また、職人の数を増やすことによっても期間を短縮することが可能です。
外壁塗装工事は一般的に1人から2人の職人によって行なわれますが、3人以上に増やせばさらに作業効率が高まります。

ただし、春や秋は塗装業者の繁忙期なので、予約を取ったり職人の数を増やすことは難しいという問題もあります。

外壁塗装の期間が延長される場合

反対に、雨の多い夏や冬は1か月ほど外壁塗装工事の期間が延びてしまうこともあるので、注意しましょう。

とはいえ、近年では塗料の品質が向上しており、気温が5度を超えて湿度が85%未満であれば塗装が可能です。
夏や冬は塗装業者が閑散期になるので、条件を満たしていれば繁忙期である春や秋よりも効率的に工事が行なえる場合もあります。

外壁塗装にかかる期間の目安は2週間程度

以上、外壁塗装の工事を外注した際にかかる期間について解説しました。
外壁塗装にかかる期間の目安は2週間程度で、時期や作業員の人数によって期間が短縮したり延長したりすることもあります。

「なるべく短期間で工事を完了してもらいたい」
「2週間は問題ないがそれ以上は延長できない」
という事業者様・管理者様はぜひEMEAO!にお問い合わせください。
納期や塗装剤など、希望の条件で対応可能な業者をピックアップして、無料で紹介します!

清掃・美観維持をご検討ですか?

衝動的に業者に連絡をしてしまうと悪徳業者につかまったり、相場よりも高い価格で発注してしまったりととリスクもたくさん。
EMEAO!がおすすめする後悔しない業者選びのコツは「同一の条件で複数の業者を比較すること」

EMEAO!では第三者機関の審査済み・評判のよい多数の優良業者の中から、条件・要望にあわせて専任コンシェルジュが厳選して、まとめて一度でご紹介をすることができます。
ご紹介した業者が満足いかなかった場合、比べてからお断りしても全く問題ありませんので安心してコンシェルジュにご依頼ください。

  • 最短当日に提案が集まる
  • 高精度マッチングで満足度87%
  • ご利用は何度でも完全無料