フローリングリフォームの際に押さえておきたい3つのポイント

今回のコラムでは、フローリングリフォームの際に押さえておきたい3つのポイントについて解説します。
フローリングリフォームを検討されている際は、ご覧いただき参考にしてください。

フローリングリフォームを行う際のポイント

フローリングリフォームを行う際のポイントは、大きく分けて3つあります。
しっかりポイントを押さえてフローリングリフォームの際に役立てましょう。

ポイント①適切なリフォーム方法を選択する

フローリングのリフォーム方法は、重ね張りと張り替えの2パターンが存在します。
それぞれに特徴があるため、重ね張りと張り替えのどちらの方法が適しているか選択する必要があります。

重ね張り

重ね張りは、既存の床材の上に新しいフローリングを重ねて設置するため、比較的工事が簡単で費用も安く済みます。

また、リフォームの際に音やホコリが出ない点も重ね張りの特徴に1つです。
床の下地が傷んでいない場合は、重ね張りを選ぶことをオススメします。

重ね張りの際の注意点は、床の高さが上がるためドアの開閉ができなくなる恐れがあるため、あらかじめリフォーム会社にチェックしてもらいましょう。

張り替え

張り替えは、既存の床材を剥がし新しいフローリングに張り替える方法になります。
床の下地が傷んでいる場合は、張り替えを選ぶことをオススメします。

床を歩く際に沈んだり音がしたりする場合は、傷んでいる可能性が高いといえるでしょう。

重ね張りの際の注意点は、既存の床を剥がす工期も長くなり音やホコリもでます。
また、廃材の処分費用が別途発生するため、あらかじめ費用の確認をしておきましょう。

ポイント②環境にあわせた素材を選ぶ

床に使用する素材は、その場所の環境や使用方法に合わせて選ぶことが大切です。
フローリングはデザインの種類が豊富でくつろげる素材のため、特にリビングでの使用に適しています。

またフローリングには、無垢フローリングと複合フローリングの2種類があります。

無垢フローリングは、見た目の風合いや香りがよいため、玄関など来客が多いスペースで使用するとよいでしよう。
複合フローリングは、カラーやデザインが豊富で摩擦や衝撃に強いため、使用頻度の高い部屋にオススメです。

ポイント③バリアフリーや床暖房などの付加機能を追加

フローリングリフォームの際は、同居家族の構成やライフスタイルに適した付加機能を同時に施すのもポイントといえます。

家族に高齢者がいる場合は、躓き防止のために床の段差をなくしたり、滑り止め効果の高い床材を使用するなどが考えられるでしょう。

バリアフリーな仕様とすることで、高齢者が安全に家の中を移動しやすくなり快適に過ごすことができます。

また、冬場はフローリングが非常に冷たくなるため、床暖房を導入するとよいでしょう。

フローリングリフォームのポイントは、床の傷み具合や使用環境を考慮する

以上、フローリングリフォームの際に押さえておきたい3つのポイントについて解説しました。

フローリングリフォームの際は、それぞれの家庭の生活スタイルや環境に合わせて適切なリフォームを選択することが大切です。
フローリングリフォームを検討の際は、3つのポイントを参考にリフォームする内容を選びましょう。

EMEAO!では、フローリングリフォームの実績が豊富な会社を厳選してご紹介いたします。
床リフォーム会社をお探しの際はぜひEMEAO!にお問い合わせください。

業者をおさがしでしょうか?

衝動的に業者に連絡をしてしまうと悪徳業者につかまったり、相場よりも高い価格で発注してしまったりととリスクもたくさん。
EMEAO!がおすすめする後悔しない業者選びのコツは「同一の条件で複数の業者を比較すること」

EMEAO!では第三者機関の審査済み・評判のよい多数の優良業者の中から、条件・要望にあわせて専任コンシェルジュが厳選して、まとめて一度でご紹介をすることができます。
ご紹介した業者が満足いかなかった場合、比べてからお断りしても全く問題ありませんので安心してコンシェルジュにご依頼ください。

  • 最短当日に提案が集まる
  • 高精度マッチングで満足度87%
  • ご利用は何度でも完全無料